大学受験なら志学塾にお任せあれ!

基礎から~GMARCH・早慶上理・旧帝大(東大-京大含)+一工、英検にTEAPまで、すべての英語引き受けます

苦手な古文に現代文、志望理由書から小論文指導まで、国語のことならすべてお任せください

英国以外の科目にも対応します

 

完全個別指導

志学塾

西東京市田無町2-9-6 野崎ビル801 西武新宿線田無駅北口から4分(1Fにモスバーガー)

予備校講師が田無に
完全個別指導塾を開校!
予備校講師が高校生・高卒生に完全個別指導!

大学受験の全教科完全個別指導塾
志学塾

講義形式で100分間1人の生徒さんに掛かり切りの完全1対1指導!

志学塾は
西東京市田無の
大学受験のための
完全個別指導塾です!

英語と古文(国語)の個別指導に加え、
ご要望に応じて、数学・世界史・日本史・化学・物理の講師も配備!

 当志学塾は、一昨年までは大学受験の英語と国語に関してレベルの高い指導を提供する塾として高い評価を得てきましたが、昨年から世界史の指導を開始、加えて今年からは数学・化学・物理・日本史の講師を予備校業界から招請し、野崎ビル801(801・802・803の3部屋ぶち抜きのワンフロア教室)への移転に伴い、全教科に対応可能な完全個別指導塾となりました。これによって大学受験のすべての科目に責任を持って指導が行える大学総合受験塾が田無に誕生したことになります。しかもすべての科目が完全マンツーマン指導です。もう遠くの予備校に通われる必要はありません。

 今後、生まれ変わった教室や自習室(ワイドな自習机を7机設置)や講師陣の紹介を行ってゆく所存です。乞うご期待!

空きコマ速報

英語国語空きコマが出ています!(10/16現在)

 9月に入り推薦入試合格者が数名が出たので英語と国語に空きコマが出ております。入塾希望の方は空きコマ表をご覧の上、お早めに入塾をご検討ください。

2022年度合格速報 CONGRATS!

指定校推薦で早々と東洋・青学・東京理科大合格!

 まだ正式合格ではありませんので詳報は出せませんが、今年は早々と指定校推薦によって東洋大学観光学部、青山学院大学地球社会共生学部、東京理科大学理学部(応用数学科)に3名の生徒さんが合格されました。幸先の良いスタートとなりました。頑張った3名にcongratulations!

大変お待たせいたしました!!

2021年度「合格された生徒さんの声」
アップ出来ました。ぜひご覧ください

今後HPの記事を精力的に更新予定!!

 コロナ禍の中の入試で疲弊してしまい、中々HPの記事の更新ができませんでしたが、漸く着手できそうです。今年の入試総括、今後の入試動向、英語の外部試験導入の影響とその対策などの記事を今後次々にアップしていく予定です。

夏休みを終えても盛況な自習室

秋を迎え真剣さを増す受験生たちで満席の自習室

801号室に移転して広い自習室(7席)となりましたが、夏休中は連日満席、2学期に入っても受験生が熱心に通ってきています。新たに第2自習室(3席)を増設。入試が近づくにつれますます真剣に学習に取り組む受験生たちの熱気が伝わってきます。昨年はコロナで大規模な予備校や塾が自粛休業となり、従来は自習ができていた図書館等の施設でも自習ができなくなる中、営業を続けることができた当志学塾ではお母様たちから「自習できるスペースを確保していただいて本当に助かりました」との声が寄せられていました。

 今年は自習スペースが拡大して10席となったのでゆったりと自習ができています。過去問演習が本格化するこの秋からはさらに自習室は活況を呈するものと思われます。当志学塾の生徒さんたちはコロナにも負けず、充実の秋を過ごしてほしいと思います。頑張れ、受験生!!

やっと今年の入試の報告ができました!
ご覧ください

■10月20日のお知らせ
推薦入試の合格者が出た関係で英語と古文(国語)の午後のコマに空きがでています。2022年大学入学共通テストまで3カ月を切り、あと86日(10/20)。伸び悩んでいる受験生の皆さん、受験勉強を本格的にスタートさせる高校2年生の皆さん、ぜひプロの個別指導をご検討ください。

■2022年度の募集について
2021年12月から開始する予定です。(2022年度生は2月から新学期になります)。もうしばらくお持ちください。

■世界史・数学・化学・物理について
現在も募集中です。お問い合わせお待ちしています。

志学塾が支持される理由(2021.9月)

 お蔭さまをもちまして当志学塾はほぼ常時定員が埋まる状態となっております。 (9/29現在は指定校推薦での合格者が2名出たため、英語、国語とも数コマの空きが出ています。)

 4年前に志学塾を開設したときは生徒さんが果たして来てくれるのだろうかと気を揉みましたが、杞憂に終わりました。

 いま、当塾が支持される理由を客観的に分析しますと、多少口はばったい気もいたしますが至極当然だと思われます。

 他では大学生のアルバイト講師を使い、講師一人に対して生徒二人などというとても個別指導とは呼べないような授業を実施している塾(しかも指導料金は結構高い)がほとんどの私鉄沿線の駅に、予備校で実績を持った講師が、大きなホワイトボードを使った完全マンツーマン100分授業形式の塾を開けば勝敗は火を見るよりも明らかだということでした。

 当志学塾に早い時期からお子さまをお入れになったお母さまは賢明であったと思われます。嫌がるお子さまをお母さま連れてくるケースも多いですが、嫌がっていた生徒さんも3年生になると目の色が変わります。高1,2は助走の期間といったようなものですが、ここでしっかりと基礎力を養った生徒さんは受験学年になってからグングン伸びます。やはり遅くとも高2からのスタートは大切です。

 当塾としては来年度も高2・高1年生を中心に生徒さんを募集させていただく所存です。現在、高1年生、中3生のお子さまをお持ちのお母さまは入塾をご検討ください。

2021 入試報告!

早稲田合格者ついに出る!

東京藝大合格者も出る! 

立教・青学・中央・法政・学習院などGMARCH合格者も続出! 

塾の8階への移転や受験生のバックアップに追われ今年の入試の結果のご報告が遅れていましたが、今後詳細な結果をお伝えできると思います。今回は取り敢えず大学名だけの掲載をしておきます。開塾2年目に東京外語大、昭和大学医学部、3年目の昨年はGMARCHと国立大医学部(鳥取大)に合格生を出しましたが開塾4年目の今年、ついに私大の雄、早稲田大学と、さらに国立大学の東京芸術大学にも合格者が出ました。さらに上記のようにGMARCH合格者が続出しています。今後の速報・詳報にご期待ください。

合格された皆さんおめでとう!コロナに負けず充実したキャンパスライフを送ってください!

Heartiest Congratulations on Your Success !

新時代の入試に対応を!

英検・TEAP・GTEC
指導受付け

共通テストでの英語の外部試験導入は見送られたものの、英語外部試験の採用する私立大学の数は年々増え、これからは英検を持っていないと大学が受験できなくなるというのはもはや時代の趨勢と言えます。当志学塾では、これまで一般受験の英語に関しては英語担当講師の高い専門性と豊富な経験を活かして、生徒さんを志望大学の合格に導くと同時に、生徒さんたちの強いご要望にお応えして英検受験のサポートもして参りましたが、上記のような情勢に鑑みて、英検・上智大TEAP・GTEC等の英語外部試験対策を本格的に開始しております。英検につきましては3級~準1級の範囲で対応いたしますので、受講ご希望の方はお問い合わせください。

小論・記述問題指導!

 国立大学はともかく、今まで私立大においては、多数の受験生の合否を効率的に判定するために国語はマーク式の出題が中心でした。しかし、マーク式ですと限られた時間内にいかに正解するかという問題処理能力ばかりが要求され、本物の文章読解力や記述力は付かないという反省のもと、近年では入試で小論や記述問題を採用する大学が増えてきました。早稲田や明治や法政では今までも記述問題の採用をしてきましたが、今年は立教でも経営学部が現代文で50字の記述問題を出題しました。また、私立医学部では小論は必須ですし、AO入試でも小論文を出題する大学が多くなっています。

 これは当然の傾向で、大学受験まではマーク式で機械的に答えが出せても、大学では卒業論文を書かなければ卒業できません。また、大学では学術書を読んで論文を書くということは当たり前です。つまり、今までは、大学で必要とされる能力大学に入るために要求される能力とにミスマッチがあったのです。これでは日本の大学生の能力は向上しません。外国の大学生との差が歴然と出てしまい、日本が国際競争において負けてしまうのも当然です。なぜならば今の地球的な規模での課題にはマーク式のように決められた答などなく、自分の頭で徹底的に考え、その考えを文章にまとめるという力が必要だからです。

 外国では徹底的に読む力や書く力を幼い時から鍛えています。フランスでは高校過程で哲学もしっかり学びます。日本では哲学などは世離れした変わり者が学ぶものみたいな風潮がありますが、本来、哲学は人生の意味を探求し社会とのかかわり方を思索するもの。これでは日本人とフランス人の知性に差が出てしまい、文化レベルで日本人が劣ってしまうのは当たり前です。最近の日本の地位の急激な低下には、あまり深いことは考えず、とにかく大学に入れればいいという高校生を量産してきた日本の入試のあり方が深くかかわっていたのです。

 この風潮に歯止めをかけ、しっかりと考え、しっかりと表現する人材を育成したいという要請のもと、小論試験や記述問題の出題が増えてきているのですから、こうした潮流にあらがうことは不可能です。これからの受験生はたくさん本を読み、自分の頭で考え、それを文章で表現するということが当たり前のように要求されるのです。もう時代は後には戻りません。「小論めんどくさいなあ、記述問題かったるい」と思うような受験生は入試以前に淘汰されてしまいます。もう覚悟を決めなければなりません。これからは、たくさん本を読み、自分の頭で考え、それを文章にまとめなくては大学に行けません。小論や記述問題の出題されない大学を受けて合格しても、今度は卒業後に待ってる人生が展望のないしょぼくれたものになりかねません。当然、収入も低いものとなるでしょう。現代の社会のヒエラルキーを無前提的に肯定するわけにはいきませんが、大学生が卒業後に直面するのは非情ともいえるこの社会のヒエラルキーです。小論や記述を嫌っていたのでは、始めからヒエラルキーの下層にしか組み込まれないのです。受験生も親御さんも覚悟を決めて記述問題・小論に取り組みましょう。

 とはいっても、受験生にいきなり小論を書け、記述問題に答えろと言っても無理があるのです。なぜならば、社会や、学校や、親たちが小学校~高校にわたるプロセスで、子どもたちに小論や記述問題を避けるような生き方をさせてきてしまったからです。

 まずは、高校の現代文の教科書に載っているいろんな文章をしっかり読むことから始めましょう。教科書には良質な文章が載っています。まずはインプットしなければなりません。教科書に載っていた太宰治の文章で本を読むことの面白さに目覚めたという親御さんも多いはずです。その上で志学塾ではアウトプットの仕方=記述問題の解き方・小論の書き方をゼロから指導します。いきなり書かせて「ここがダメ、ここもダメ」というような指導はしませんから安心してください。こうした指導が一番、生徒が小論や記述問題を嫌いになる指導です。生徒さんが小論や記述問題に向かおうとする勇気を後押しします。

ぜひ、受講をご検討ください。

お申し込みは予約フォームから。

悩めるお母様にアドバイス 「お母さま通信」

「合格した生徒さんの声」のページUP!
合格した生徒さんの生の声をお届けします!

2020入試でMARCHに連戦連勝を果たしたR・A君が
合格体験記を寄せてくれました!!

なぜT・K君は国立大学医学部に合格できたか?
私大英語編アップ!

今年の入試で痛感させられた国語の重要性
国語ができないと結局はヒエラルキーの下層!

古文が得意だと、どれほど入試で有利になれるか

今、噂の「授業をしない塾」に対するコメントを「ホントに恐ろしい塾・予備校選び」のページに載せました。ご覧あれ!

志学塾コロナウイルス対策ページをご覧ください

塾や予備校に通っているのにどうして成績が伸びないのか?

悩めるお母様にアドバイス 「お母さま通信」

こんな生徒さんにおすすめです!

  • 英語を基礎から鍛え直したい!
  • 英検2級、さらには準1級に合格したい!
  • 高校の定期試験の英語の成績を伸ばしたい!
  • 大学入試に対応できる英語力を付けたい!
  • 今、通っている塾や予備校で英語の成績が伸びない!
  • 早慶上智やGMARCHの英語の過去問の丁寧な解説指導を受けたい!
  • 国公立の二次試験対策をしてほしい!
  • 医療看護系・医学部英語の受験対策と過去問指導をしてほしい!
  • 苦手な国語(古文)を何とかしたい!
  • 古文の助動詞を一気にマスターしたい!
  • GMARCHや早大・上智に合格できる国語(古文)の力を付けたい!
  • 共通テストの国語(現文・古文・漢文)で点が取りたい!
  • GMARCHや早大・上智の国語(古文)の過去問の丁寧な解説をして欲しい!
  • 小論・記述問題の指導を受けたい!
  • 東大・京大の二次試験の国語(古文)の記述対策を指導して欲しい!

当塾にお任せください  
ーごあいさつ-

塾長の丸山幸則

 大手予備校で実績のある講師が、その豊富な経験を活かして満を持して個別指導塾を開塾しました。そんじょそこらにはないプロ中のプロの塾です。

 そのプロの講師が高校生・高卒生を対象に英語総合国語(古文・現文・漢文)をきめ細かく指導いたします。普通では体験できないプロの授業が体験できます。

 英語総合国語(古文・現文・漢文)については、学校の成績を上げたいという補習レベルから、国公立大学受験・有名私立大学受験・私立大医学部・看護医療技術系受験まで幅広い対応が可能です。志望大学合格に向けて共通テスト対策過去問の丁寧な解説などの個人指導をプロが直接行います。

 大学受験の予備校で確固たる実績を残してきたプロ中のプロの個別指導を体験してください。

 教室は西東京市田無駅北口から3分の通塾に便利な環境です。勉強や受験でお悩みがございましたらぜひ一度ご相談ください。

大学受験に役に立つ情報も提供いたします

 塾長の丸山は、長い間受験業界に身を置いて中学受験から大学受験までの指導経験があると同時に、講師ネットワークとも呼べる豊富な情報網を持っています。これによって自塾の生徒募集に限らず、受験生をお持ちの親御さまに、塾・予備校選びに関して貴重なアドバイスを差し上げることが可能です。居住地によって残念ながら当志学塾にお通いになることができない受験生やその親御さまに塾・予備校に関する情報を提供し、一人でも多くの受験生が受験生活で失敗することなく、本来の能力を活かせるようになられるためのお役に立ちたいと思います。是非、「塾長の一言」のページをご覧ください。

当塾の強み

大学受験英語のプロ

国立埼玉大学教養学部イギリスコース卒

英語担当の丸山久美子は大学受験英語のプロ。医学部受験と医療看護系受験においては数えきれない実績を出してきました。一昨年から指導の幅を私大文系にまで広げ日東駒専、GMARCH、早慶の英語の過去問指導も開始しました。そのプロが基礎から大学受験までを丁寧に個別指導致します。基礎力のない人でも大丈夫。学生講師では太刀打ちできない指導力があなたを第一志望大学の合格に導きます。

大学受験古文のプロ

国立東北大学文学部卒

国語担当の丸山幸則は長年予備校業界で目覚ましい実績を上げてきた古文のプロ。特に古文文法の指導には定評があり、指導を受けた生徒さんからは「あっという間に古文の文法が分かるようになった」「ウソみたいに古文が伸びて志望大学に受かった」等の声が寄せられています。さらに大得意であった現文と漢文の指導も開始。あなたもマルさんの指導で国語を一気に得意にしましょう!

赤本閲覧コーナー新設
(2018.11月中旬)

701教室に赤本閲覧コーナーを新設しました。

赤本本棚

塾生の受験する大学の赤本を過去4~10年分揃え中です。

赤本閲覧コーナー

自分の受験する大学の赤本をいつでも自由に閲覧できます。解くときは隣の自習室に赤本を持ち込んでじっくりと解くことができます。

志学塾通信 VOL11   受験生で盛況な自習室!

自習室で熱心に自習する塾生たち

 入試が近づくにしたがって受験生の真剣さはグングンアップ。連日連夜、授業のある日もない日も志学塾の受験生たちは熱心に学習に取り組みました。

 特に受験大学のラインナップも決まり、受験スケジュールも確定してからは、その学習姿勢はますます真剣度を増して学習に対する集中力を高めてました。

 さらに、赤本コーナーを新設以降、赤本本棚から自分の受験大学の赤本を取り出しては熱心に解いていました。

 授業では塾生の受験する大学の過去問を4~6年分、徹底的に解説します。過去問の演習解説こそが、ボーダー突破力を培うのです。これこそがわが志学塾の最大の武器です。

 こうして今年の受験生たちは思い思いの大学への合格を果たし、志学塾を巣立っていきました。

 今年の受験生も夏から自習室に通い詰めて真剣に学習することでしょう。

801号室に移転/自習室もさらに広く使いやすく(2021年 3月)

 このところの入塾される生徒さんの増加と、コロナ禍によって自習室の確保が困難になっている塾生のために、同じビルの801号室への移転に伴い、自習室がさらに広く使いやすくなりました。幅100cmのワイドな自習机を5机と90cmの机2机の合わせて7机を配置しました。常時7人の生徒さんが広々とした大きな机でゆったりと自習できます。

新自習室(窓側4机)
新自習室(通路側3机)